シンデレラ城の前で片膝ついてサプライズプロポーズされました!

きょうこさん
現在、23歳の私と26歳の主人。

結婚したのは私が21歳の時でした。
あれから約2年、パートで働きながら兼業主婦をしています。

・旦那さんとはどこで知り合いましたか?

主人とは学生時代からの付き合いで、私が高校生、主人が大学生の時にスーパーのアルバイト先で出会いました。
お互い最初の印象は薄く、「背が小さな高校生だなあ」「背の大きい大学生だなあ」という漠然としたものでした。

・付き合うきっかけは何でしたか?

私と主人には、当時それぞれに付き合っているパートナーがいました。
偶々そのパートナー同士が友達だった為、ダブルデートとして4人で遊ぶ機会が頻繁にあり、まずは友達からのスタートでした。

一緒に遊ぶにつれて主人の優しさや気遣いのできる余裕に惹かれてしまっている自分がおり、それは主人も同じだったようです。
あまり自慢できる付き合い方ではありませんが、結局私も主人もその当時に付き合っていたパートナーと別れ、お付き合いを始めました。
また別れたパートナー同士もその後お付き合いをし、結婚した報告を頂いたのでホッとしたのを今でも覚えています。

付き合って半年後から同棲を始めた私達。
彼氏と同棲自体が初めてだった為この頃から、この人と結婚するのかなという気持ちはありましたが、まだ若かったこともあり結婚を前提としたお付き合いというよりかは楽しいから一緒にいるという表現が合っていた気がします。

・付き合ってどのくらいで結婚しましたか?

同棲を始め、いつの間にか2年が経った頃、ディズニーランドへ遊びに行こうと誘われました。
当時ディズニーへは毎月行くほどハマっていたので二つ返事で了承し、私の誕生日当日に行こうという話になりました。

いつものように一日楽しくディズニーデートをし、さあ帰ろうという時にいつもはあまり立ち止まらないシンデレラ城の前に連れていかれました。
まさか?と思っているとそのまさかで、シンデレラ城の前で片膝をついてサプライズプロポーズをして頂きました。

正直、嬉しさよりも恥ずかしさが勝っていましたが、雰囲気に後押しされた部分もあり結婚の申し出を受け入れました。
普段からペアリングをつけていた事もあり、プロポーズの際には指輪ではなくずっと欲しかった腕時計をはめて貰いました。

いつかプロポーズをされるという事は分かっていたはずなのに、プロポーズされた瞬間は色々な感情で涙が止まらなくなったことを今でも覚えています。

プロポーズから1か月後、すぐに入籍をしました。
主人のご両親もとても寛大な方達だった為、結婚の了承を得る話の場でも即賛成をしてくれたのもあってトントン拍子での結婚となりました。

・結婚して変わったことはありますか?

結婚をしたという実感はその時点では出ず、同棲期間が長かったせいか「結婚ってこんなもんか」と拍子抜けしました。

ただ、彼氏彼女では味わえなかった家族としての彼を毎日見られる幸せは結婚したからこその醍醐味だなあと感じています。
きっとカップルだったら別れが怖くてできないようなデリケートな話や、結婚したからこそ良い意味で束縛や嫉妬をせず、お互いを気持ちで繋ぎとめ過ぎない余裕もできました。

・過去に戻れるとしたらまた今の旦那さんと付き合いますか?

もし仮に私が主人と出会った高校生時代に戻れるとしても、きっと又主人と付き合って結婚を意識すると断言できます。

結婚をして2年以上も経っていますが、今でも主人に対してドキドキしたり好きだと感じる事が多く、これからもその気持ちは衰えない自信があります。
だからこそ過去に戻ろうが未来に行こうが主人の魅力に惹かれてしまうと思っています。

友達でいた頃からフィーリングも合い、お互いを高めあえる関係だった主人。
これからもその関係性は変わらない、変わってほしくないと感じている為、これからも今までと同じようにずっと一緒に仲良く「おしどり夫婦」でいられるように、と願っています。




あなたは間違った婚活していませんか?
婚活女子が絶対にやってはいけないNG集

婚活中の女性が絶対にやっていはいけないNG集をまとめました。間違った婚活をしているといつまでも理想の相手は見つかりませんよ。







あなたにこっそり暴露します
高収入の結婚相手を見つける裏技

やっぱり結婚するなら高学歴、高収入の男性がいいですよね。手っ取り早く高収入の男性を見つける方法をご案内します。







料金が安くてお財布に優しい
優良婚活サイトBEST6

本気で結婚をしたいと望んでいる方へ、料金が安くてリーズナブルな優良婚活サイトを分かりやすくご案内します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です